一人前の社員として成長をするための研修の重要性

新入社員を対象とした研修のポイント

新入社員を対象とした研修に力を注いでいる民間企業や官公庁は少なくありませんが、社会人としての自覚を持たせるために、研修のカリキュラムの組み方や講師の選び方を重視することが大切です。近頃は、ビジネスマンとしてふさわしいマナーを身につけるうえで、外部の専門の講師に研修の依頼をする企業が増えており、電話対応や来客対応などの基本的な事項を学ぶ良い機会となっています。また、専門的な職種の仕事内容を覚えるために、職場内で業務マニュアルを使いながら先輩社員から指導を受ける研修のスタイルも一般的です。大手企業の新人社員研修は、就職情報誌やテレビなどで度々取り上げられることがあり、社員の仕事に対する意欲を高めるうえで大きなメリットが期待できます。

中途社員の能力を活かす研修

中途社員の採用が行われている企業では、前の職場からスムーズに仕事に順応できるよう、個別のプログラムを用意して研修が行われることもあります。最近では、各企業において、中途社員の定着率を高めるために、それぞれの職場における問題解決を目的とした研修が行われています。そこで、これまでの社会生活で得た知識や経験を仕事上で発揮するうえで、研修制度の整っている企業への転職を希望する求職者が増えています。大手企業の中途社員の研修の際には、管理職や各分野の専門家が担当をすることもあり、実務で役立つスキルを磨くうえで、有意義な機会として扱われることがあります。なお、研修期間の長さは企業ごとに大きく異なりますが、一人ひとりの中途社員の能力や適性に合った研修のカリキュラムが組まれている企業に注目が集まっています。

入社したときや昇格したときなどに受ける社員研修。社会人として基本的なこと、役職にふさわしい業務・対応を教えてもらいます。