突然のトラブル!iPhoneが使用できなくなった場合の解決方法とは!?

iPhoneトラブルを自分で解決するには?

iPhoneを使用している際、突然のトラブルに遭遇したことはありませんか?急にカメラが起動しなくなった、フリーズして固まってしまった、何故か電話がかけられないなど様々な不具合が突然襲って来ます。そんな時、自分で解決できる方法をご紹介します。ネットが見られないなどの場合は最近まで見ていたアプリが作動したままの状態になっている可能性があります。その場合はマルチタスクを削除してください。ホームボタンを2回押し、出てきたアプリを上方向へ動かし削除します。またどんな場合にも対処できるのが、再起動をしてみることです。スリープボタンを長押しし電源を切ってください。再度スリープボタンを長押しし電源を入れ直してください。

簡単に解決出来ない時の修理はどこに出せば良いの?

自分で解決できない場合は修理に出す方法もあります。iPhoneではサポート担当者と電話やチャットが出来るサービスがありますので、トラブルへの問い合わせが可能です。また購入時に保証に加入していれば、例え修理費用がかかったとしても保証の範囲内で対処してもらえます。iPhone取扱い店舗へ持参するか、配達業者が集荷に来てくれる配送修理もあります。店舗へ持ち込みの場合は、その場で修理を完了してもらえることもありますが、内容によってはiPhoneを預けて修理してもらうことになります。預けた場合、また配送修理をお願いした場合にもおおよそ1週間ほどかかります。いつどんな時にトラブルが起きるか分かりませんので普段から必ずデータのバックアップはとっておいてくださいね。

iPhoneの画面修理を正規メーカーサポートに依頼すると、製造上の責任か、ユーザーの過失があったか判断してもらえます。