義務化の衝撃!ストレスチェックとは一体何?

ストレス社会で不可欠になったストレスチェック

ストレス社会と言われる現代社会ではメンタルヘルスに関する問題が生じやすくなってきました。仕事によるストレスから自殺してしまう人も多いのが日本の現状であり、命を捨ててしまわないまでも自律神経失調症になってしまって生活をするのが苦しくなってしまったり、うつ病になってしまって働けない状況に陥ったりしている人も着実に増えてきています。その状況を勘案して不可欠と判断され、労働者が50人以上いる事業所で義務化されたのがストレスチェックです。事業者が課している仕事が過酷であるためにストレスに苛まれる労働者が増えているという考え方から、事業者が労働者のメンタルヘルスケアを行う努力をするように仕向けているといえるでしょう。

チェック自体の実施は簡単

ストレスチェックについては実施すること自体は簡単です。簡単な質問票を渡して記入してもらえばよいだけであり、回答についても選択式になっているので短時間で労働者が記入できるようになっています。大変なのはこれを実施することではなく、これをメンタルヘルスケアに利用していくためのルールを策定し、質問票の結果を分析して結果通知を行わなければならないことです。そして、場合によっては職場環境の改善をすることが努力義務とされています。一方、ストレスチェックの結果が望ましくない場合には医師からの面接指導を受ける機会を労働者に提供することも義務付けられているため、この体系を整えて運用することが大きな課題です。

ストレスチェックシステムを利用する事によって、自分自身が気付いていないストレスを把握出来ます。健康管理には欠かせません。