クラウド会計とは何か!?メリットとデメリットのまとめ

クラウド会計って、そもそも何なの?

会計業務の現場で時折耳にする「クラウド会計」とは、一体何なのでしょうか。耳にしたことはあるものの、その仕組みをご存知ではない方もいらっしゃると思います。
クラウド会計とは、簡単に言えば会計ソフトをクラウド化したものです。そもそもクラウドとは、インターネット上のサーバーを活用して、ソフトウェアやデータベースなどの資源を活用するサービスを意味しています。ネット環境さえあれば、場所を選ばずどこでも利用できます。
従来は会計ソフトとそのデータは、オフィスのパソコンだけにインストールされていました。しかしクラウド会計の場合はネットを介して利用できるサーバー上にあるので、データの破損や紛失も防げるわけです。いつでもどこでも会計データが確認できますし、外回りの営業担当者が、出先で会計状況をチェックすることも可能です。

クラウド会計のメリットとデメリット

クラウド会計のメリットやデメリットには、どのような事があるのでしょうか。
まずメリットですが、事務作業時間の効率化が挙げられます。さらに自動でデータをバックアップできること、OSに関わらず、ブラウザーソフトが合えば場所を選ばず作業ができることも、大きなメリットだと言えるでしょう。
その他、会計と給与の同期ができたり、取引明細の自動登録や取得ができることも、会計担当者からすればとても役立つ事です。
一方クラウド会計のデメリットとしては、初期の設定に一定の時間を要すること、セキュリティの懸念などが挙げられます。
しかしながらデメリットよりも得られるメリットの方が大きく、今後も導入する企業が増えていくことでしょう。

クラウド会計とは、インターネットの接続環境を整えるだけで、会計処理を可能にするシステムのことです。ソフト等の買い替えの必要はなく、また、対象となるデータを自動で取り込んで処理してくれるのが特徴です。