意外と簡単!?アクセス数を増やすホームページデザイン術

イラストや画像を大量に使うのも一つの方法

人間にとって視覚は非常に重要なものとなります。人は見た目が9割だという言葉もありますが、ホームページも同じことです。見た目がよくなければ、いいページだとは思ってもらうことができません。第一印象の重要性は高いのです。ですから、ホームページのデザインを考えるときには、視覚効果に気をつけてみるといいでしょう。イラストや画像をふんだんに使って派手な見た目にするというのは、注目度を上げる一つの方法になります。文字情報は理解するのも大変ですが、イラストや画像なら大量の情報が一瞬で相手に伝わります。言いたいことや伝えたいことがあるなら、それに合ったイラストや画像を用意するといいかもしれません。

コンセプトを明確にするとデザインは決めやすい

デザインの世界では、「コンセプト」というものが重要視されます。デザインと言っても、何らかの目的を達成させるために利用するツールでしかありません。まずそのホームページで何を伝えたいのかを明確にして、そのコンセプトに合ったデザイン案を練っていくことが重要になります。コンセプトが決まれば、デザインの大枠もほぼ自動的に決まってきます。かっこよさをアピールしたいなら、白や黒を使ったシックでシンプルなデザインになるでしょうし、女性向けの可愛いホームページにしたいなら、花柄などをあしらうことになるかもしれません。まずはコンセプトを明確にして、さらに統一感が出るように、すべてをコンセプトに添わせていくのが基本戦術となります。

レスポンシブとは、Webデザインの一つです。見る画面の大きさによってサイトの横幅が自動調節されるもので、パソコンへもスマートフォンへも一つのサイトで対応することができます。