動画配信を始める時に気をつける事と撮影時の注意

著作権の侵害には注意する

動画配信は動画配信サイトやブログやホームページで始める事ができます。動画を配信する時は他人に著作権があるものを無断で使ってはいけません。これは動画を収益化しているかしていないかに関わらず法律に違反する行為です。他人に著作権がある物を使用する場合でも著作権者に許可を取った上での使用なら問題ありません。もし無断で他人の著作物を使用した場合は損害賠償を請求されたり、動画配信サイトを使っている場合はアカウントを停止されたり消去される可能性があります。動画配信サイトを利用して動画配信をする時は法的に問題がなくても動画配信サイトが禁止している行為や配信してはいけないジャンルがある可能性があります。そのため動画配信サイトの利用時は利用規約を良く確認して規約を守って配信するべきです。

撮影時は肖像権の侵害に注意

動画配信をする為の撮影をする際に自分の所有する建物や土地以外で撮影する時は関係のない人を撮影してしまう可能性があります。許可を取らずに他人を撮影してしまったり、撮影して動画として配信する行為は肖像権の侵害になるので注意しなくてはいけません。また自分だけを撮影している場合でも他人の私有地内での撮影はその場所の権利者の許可がないといけないので、他人の所有地で撮影をする場合は許可を得なくてはいけません。他人が映像ない映り込んだとしてもその人に許可を得た場合は問題ないので、その映像を使用する場合は本人に許可を得る必要があります。

今や、娯楽としてネットでの動画配信は欠かせません。しかし、動画をダウンロードする際に時間がかかりすぎるとストレスになります。ダウンロードしながら同時に再生できるストリーミング技術が欠かせません。